スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス数が少ないと自由です。

あめりか・・・
かのうじごろうの取材ですね?(笑)

と、書いておいて全く違うと笑えるのだが。
将来の自分に日本酒4合かけておこう。
スポンサーサイト

素晴らしい!!

今年の花粉症は手ごわいのぅ。
鼻水だけだったのが咽喉に来てタイのオカマみたいな
声になってしまった…。
手強い、手強すぎる、だって気管支炎誘発ですから。
ありえない。

ああ、「肺」が欲しいわ、私のアクアラング。
逆立つのはイヤだけどさ(笑)

んで。
週末にまた新宿へ行ってきました。
だって超割期間に前楽、楽とあるのですから、500弱の
キャパのハコで行う公演が。

で感想を一言で言うと…
私が2月17日に観たものはなんだったのでしょうね(笑)
金髪ウィッグの彼女は完全体になりつつありました。
いや、素晴らしい。
大きなグルーヴと深い愛しさと静かな切なさ。
それが時間差で来ますもの、たまらんわ。

「楽日」はどうしても最後ですから、しっかり眼に焼き付けるぞ!
という決意の元研ぎ澄まされた意識の中で観ますからどうしても
涙腺はなかなか決壊しませんが
(でもヤッパリ最後の「LIFT UP YOUR HANDS」でだらだら泣きます)
前楽は駄目でしたなぁ。
もう2曲目の「THE ORIGIN OF LOVE」で泣いてた(笑)
でママがのユーゴスラヴィアに~のくだりで泣いた。
だってその頃のユーゴだとしばらくしたら内戦だったもの。
考えるだけでも哀しいわ、でも彼女のママはそういう
所で無いと生きる事が出来なかったのかしら。
あえて東に残ったように。
と、考えてしまってまた泣く(笑)
幸せの絶頂期の頃を象徴するようなトミーの眉毛整えてる時の
幸せな表情を見てるだけで泣いてたもの。

なんだかね、どう言っていいのか判らないけどすごくいい。
よく「こいつも、そいつもちっとも判ってない!!」(知人談)
状況でよく彼女という人物をを掘り下げていって創ってくれて
ありがとう!な感じです。
いやー、あまり口出さない演出家でよかったかもー出してたらえらい事になってかもー、
ただでさえ間違ってるのにー解釈ー、げっほげほ。


多分もしかすると事前に戯曲読んでいたのかな、
だとしたら私が不思議に思っていた「品のある」ということも
品=知性だと思うとああなるほどなと思うところは多々ある
らしいので。
(これも知人談。結構テキスト読むと「深い」みたいっす。
いま大きな掲示板の所で夜な夜な議論してるので興味が
ある方は覗いて見るといいです。面白いです。)

Hedwig And The Angry Inch: Piano/Vocal Selections


で、これを機に私も読んでみようかなと思いつつ。
これからの大阪、福岡、東京大楽が非常に楽しみです。

…とこれからの観劇予定をその知人に話すと「馬鹿じゃない!」
と言われてしまいました。
そんな我慢できなくなって出張を一日伸ばして当日券で
入って知り合いを見つけては声掛けることなく
後方からヲチしてたあんたに言われたくないよ(笑)

意外なところに。

あけました。
今年もよろしくです。
もう1月も明日で終りますが(笑)

持つべきものは…
昼休憩にコンビニに買出しに出て、雑誌を買った同僚から一言。

「週刊アスキーにでこちゃんがガチャピンみたいな顔してでてるよ」

でこちゃん…この人はこの間『華麗なる~』見てから私と話する時
山本耕史の事でこちゃんと呼ぶ人。
で、「でこちゃん」がアスキー?

先ほど、消耗品買出しの時にこっそり買ってみた。
(というかコンビニで立ち読んだ・笑)


週刊アスキー
(リンク先変わることがあります)

ああ、ガチャピンと言ったのなんとなくわかるよ!(笑)
なんか写真イケてないけど(私の中では)『ヘドウィグ~』の事や
ミュージカルについての話(『Top Stage』とやや似た感じ)
が面白かったのでついつい購入。
てかアスキー…その人に教えて貰えなければ買わなかったよ。
その人からは「副業がそっち方面なんだから買いなさい!」って
言われたけど。

へどうぃぐの公式サイト

いつのまにやら
仮だった公式サイトが完成していた(笑)
…なんだかこの「役の手探りっぷり」が好きですよ。

「Hedwig And The Angry Inch」

最近作品の「魂」を伝えてくれるのならどんな方法でも
ありかな?と思ってみたり。
そういった意味では来年のいのうえ版「TOMMY」も
気になっていたりします。
…だってローリー出るし(笑)

いつのまに・・・恐ろしい子!!!

つい習性で
「バファローズ」が無くなってからも『なにわWEB』へ行き、
もふもふミッキーさんの記事を読んでいたら下にこんな記事が。


“土方さん”山本耕史がミュージカル復帰
えー、去年の『リンダリンダ』は?と一瞬思ったのですが良く考えると
あれは「音楽劇」だったのか。
しかし、週末函館で19日には大阪かぁ・・・大変と思いつつ
他に記事は無いかなと探してみるとあったあった。

山本耕史“画期的ミュージカル”にワクワク(スポニチ大阪)
うわ、なんか顔と服微妙かも・・・と思いつつ隣のNaoさんが綺麗で
思わず癒されてしまった。

さて、今から『Shuffle』見に行ってきます。

『Good Sound Cafe!!~グッサンカフェ~』

ゲスト:山本耕史

山本氏衣装:クリーム地に胸付近に黄色のラインが入ったシャツ
『LASTFIVEYEARS』チラシ白地面と同じ物だと
茶色の革パンツ


新選組!話
組!撮影前は全く接点なし
TVでぐっさん見て凄いの出てきたと思い『絶対コイツ消してやる!』と(笑)

毎日新選組!
大河撮影中で2歳年取った山本氏。
現場は本当に男子校の雰囲気
いち早く現場の雰囲気を読み取るムードメーカーのぐっさん
ミニコント「バナナ」「エキストラ」披露
撮影後の仕切り役は山本耕史
周りの役者達が香取慎吾を支えていた、そのリーダーが山本。
いかに「局長」香取慎吾をほぐして周りになじませるかばかり考えて
いた(ぐっさん談)
二次会でのぐっさん、「松方弘樹」ネタ40分オンステージだけやって帰る

「俺のヒーローグラフ」
小学校6年生でバレンタインチョコ20個貰う
でも前もって20人にちようだいという「やらしい奴」(byぐっさん)
6年生の時流行った剣玉披露
「飛行機」など技披露(初段持ち)
マジック披露
15歳でBOOWYのコピーバンドを始める
布袋モデルのギターを購入し、姿形までコピー
大河撮影中侍姿でギターを弾く二人、ギャラリーも侍

鉄馬
山本氏最近「ハーレーダビッドソン」購入
盗難率が高いので絶対安全な鎖(チェーン錠)を購入したが20キロほどあるので
取るの30分付けるの40分

ぐっさんずによるハーレーレポ
ハーレーショップ紹介
女性ライダー紹介(結構有名な人だと思う何度も紹介されている)
オレンジ色のハーレー製自転車(補助輪つき)に乗る山本氏とぐっさん

「MYGOODSOUND」
山本氏選曲:BOOWY「CLOUDYHEART」
高1で新宿でライブやってコピーバンドなのに300人集める
ぐっさんも300人集めたことがありその時は「デーモン小暮」
のコスプレをしていた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。