スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『二十七回 桂吉弥のお仕事です』

二十七回 桂吉弥のお仕事です
6月14日  ワッハ上方レッスンルーム

お忘れ物承り場所    桂三ノ助
愛宕山           桂吉弥
     ~中入り~
遊山船           桂都丸
お玉牛           桂吉弥


4回目の「生吉弥」
ミーハー心で去年11月の独演会を見に行き、話のテンポのよさ、
声のよさ、芸達者ぶりに惹かれ(あとひそかにおでこにも)吉弥さんの落語会も
四回目です。
今回は当日まで自分は知らなかったんですが桂都丸さんも出ると
いうので楽しみです。

やっぱり「落語ブーム」なんだろうか?
会場についたら結構人多くて、若い人も多い。
関西だと東京と比べて身近に落語があるせいか「ブーム」というのを
あまり感じないのですが(本屋に行っても普通に落語の本は平積み
ですし、CDショップに行っても普通に落語のCDはあるし、近所の
ツタヤなど桂枝雀さんのビデオがいつも借りっぱなしになっています。
・・・見たいので早く返してー)これが「ブーム」なんだねぇとびっくりしました。
・・・東京だと200人以上来たんだそうで、すごいなぁ。




続きを読む »

スポンサーサイト

「二十六回 桂吉弥のお仕事です」

二十六回 桂吉弥のお仕事です
4月12日   ワッハレッスンルーム

商売根問     桂佐ん吉
たちぎれ線香   桂吉弥
~中入り~
牛ほめ      笑福亭銀瓶
花筏       桂吉弥


仕事も定時に終わりそうだったので、ぶらりと行ってきました。
今回は関西のお昼の番組でレポーターなどもしている笑福亭銀瓶
さんがゲストで、以前たまたま銀瓶さんが取り組んでいる
「ハングル落語」の特集で興味があり、一回見てみたいと思っていた
のでラッキーかなと(笑)。

落語というのはいままで面白い、ユーモアのある話ばかりと
いうイメージしかなかったのですが今回「たちぎれ線香」を
聞いて今までの落語のイメージが変わりました。

続きを読む »

かい枝さんのラジオを聞いてみた

関係ないですが
「(^m^)」
この顔文字、だいっ嫌い!!
・・・あー、すっきり。

今週から
この間落語を聞きに行った「桂かい枝」さんが朝のラジオの
パーソナリティを始めると聞き、朝ラジオを聞きながら
用意をする私は自分の聞いている番組だといいなと思っていた。

で、聞いていたら主に喋ってるのは女の人で、相槌打っている
アナウンサーらしき男の人と政治のことを自分の感情でごにょごにょ話す
よくわからないおっちゃんしか出ていなかった。
「ああ、この番組じゃないんだね」とちょっと落胆していたら
番組終了間近に「桂かい枝でした~。」

・・・ん?出ていた?

どうやらアナウンサーだと思っていた男の人はかい枝さん
だった様子。
あまりに流暢な大阪弁交じりの標準語アクセントだったので
わからなかった。
えー、だったらアナウンサーでもいいやんとふと思ったのは
内緒です(笑)。

始まったばかりなので、一概に判断は出来ないけど、
前番組がジングルで時刻を教えてくれてわかりやすかったのに、今回は話に紛れるように言うので朝聞くには非常に辛い。
おっちゃんの政治話も判りづらい上に声が辛気臭いので
朝聞くには辛い。
だったら普通にニュースと天気予報と交通情報を流してくれ。
明日もとりあえず聞くけど、ごめんなさい、その内
FMに流れるかも知れません。


「第19回 常光寺で落語を聞く会」

第19回 浄光寺で落語を聞く会
『堪忍袋』 桂かい枝
『田楽喰い』桂文鹿
『はてなの茶碗』桂吉弥


落語の感想を書くのがこんなに難しいものとは
実は思っていませんでした。
実際書こうと思ってもあまり「落語」を知らないので、
技術的なことなどおこがましくて書けないし、ただ面白かった
としか書けないと今まで悩んでいました。
どうしよう・・・、なので何故「落語会」に行ったのかを。

きっかけはミーハーなものでした
桂吉弥さんは去年大河ドラマ『新選組!』に山崎烝役で
出演されていて、どうも落語会での話のまくらにそのウラ話を
してくれるというので去年11月の独演会に行ったのがきっかけです。
それまで、落語というのはテレビでしか見たことがなく
また、題目も古典ではなくその噺家さんの新作落語だったり
『らくごのご』形式みたいなものしか見たことがないといった状態で。
あとは林家染丸さんみたいな鳴物とか日舞などを取り入れた
お話などは結構好きで見たことがあるけれど、演目を覚える
ほどしっかりと見ていないといった程度の知識だったので
正直不安でした。

が、そんな不安もどこへやら、非常にしっかりとした語り口
だし、テンポも良いし正統派の美しい落語を聞いたような
気がして、その面白さに惹かれました。

近場であるのなら行こうやないの
で、ぼんやりとネットサーフなどしていて桂吉弥さんの
ホームページを覗くと「浄光寺で落語を聞く会」の文字が。
浄光寺ってどっちかと言えば近場だよなぁ・・・バスで行ける
し、しかも500円だし。
安いし!!と思い、すぐさま浄光寺の場所などを検索し、
バスの時間も検索して行ってきました。

こじんまりとした会場にはお年寄りの方が大勢いらっしゃって
いました。
若い人5人ぐらいしかいなかったと思います(笑)。
でも常連さんぽい人達ばかりで皆さん凄いこの会を楽しみに
してらっしゃるんだなというのがよく判りました。
またこの会が桂かい枝さんや桂吉弥さんにとっていい勉強の場
となっているのが良く判りました。
とにかく地域の人々に愛されている落語会です。
もしろん初めての方でも大丈夫です、お寺だけど
パイプ椅子はあるし、皆さんすごく優しい方ばかりですし。

今年は6月4日、9月3日、12月3日と行われる予定だそう
です。
開演は2時から。
ただ出演者の都合とかがあり、日程が急に変更になったり
題目が変わったり、出演者が変わったりすることがあるそう
なのでご注意ください。
私が行った時はかい枝さんがNGKの舞台に出る!ということで
ピンチヒッターに桂文鹿さんが来ていました。
間にあったんだろうか?かい枝さん(笑)

ちなみに
終了後、演目が知りたかったので係りの人に聞いたところ、
回りまわって吉弥さんとほんのちょっとですがお話して
しまいました。(なんか日本語変だ)
いやー、緊張しましたよー。
だって山崎が目の前にいますもの!
でも役うんぬん関係なしに桂吉弥さんはかっこよかったです、
いやほんとに。
フレンドリーだし眼が優しいし話し言葉も優しいし。
あまりにも優しくて、コンタクトの買い置きが切れて
上下に少しズレた茶色のカラーコンタクトした
緊張しててんぱってる女が話し掛けてゴメンなさいと
帰りずっと反省していました(笑)
あ、リンクはっていいのか聞けばよかった・・・。


ので、やばかったら削除します。

桂 かい枝氏ホームページ
http://ra-ku-go.com/kaishi/

桂 吉弥氏ホームページ
http://www.kichiya.net/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。