スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代劇

タイトルこんなんですが…
今現在日本テレビ系の杉原千畝特集とサンテレビの『ファーム選手権』
を交互に見ています。
サンテレビはどうもスカイ・Aの版権を買ったのか実況が
朝日放送の女子アナで解説が佐々木修。
この女子アナこの間見たときは阪神が打たれると「うぁー」とか
「あー」とかいちいちうっせぇよお前バカか!!と言える
実況をかましてくれたのですが今日はかなりましです。

でもファーム選手権が地上波で見ることが出来るなんて。
今日は天気良かったら行こうかなーと思っていたのですが
(ロッテ側で!)雨降ってるし今日は中止やでーと
二度寝してしまったのでございます。
・・・いっときゃ良かった、画面見てる限りでは結構まったり
見ることが出来そうだし、先発は加藤康介と能見だし、
前川投げたし(笑)
…何故そこで(笑)マークが?(笑)

木村さんが藤沢作品へ、勘三郎さんが河井継之助へ
“健さん級”キムタク時代劇   (デイリースポーツ)
 襲名記念でついに実現、勘三郎“念願”の継之助演じます!  (SANSPO.COM) 

やっとこさ本題です。
時代劇が好きで、もし暇があれば太秦映画村の『水戸黄門祭り』
に行きたいと思っているのですがこのニュースを聞いて
プチ小踊り中(笑)
木村さんの時代劇もああ、やっとこさ「キムタク」から開放されるん
かいな(いや、でも堀部安兵衛の悪夢があるか・・・)
藤沢周平はあまり好きじゃないけど「盲目剣谺返し」は読んでみようかなー
と結構自分の中で前向きで。

あと勘三郎さんの継之助は本当に楽しみです!
(正直、今現在某国営放送の「続編」より楽しみだったりします)
日テレの年末時代劇なんて本当に久しぶりだし、なんだか
懐かしいし、取り扱うのが河井継之助という評価が真っ二つに割れる
色んな意味で難しい人物を演じるというので期待しつつ。

なんか捻くれ者なのか後世で評価が割れるような人物が
私は好きみたいですね(笑)


あ、前川出た、コントロールがかなり…(笑)
スポンサーサイト

夜中に考えること

『黒バラ』より
夜中に眉間に皺寄せて(美容にいくない!)考える。
「タナカマルクストゥーリオ」
「コウノカズマサ」
「ケンセイキュウ」
あ、やばい「けんせい」書けない。

…なにやってるんでしょうかねぇ。

でも「吉良上野介」「吉村禎章」はわかった(笑)

(答えは「続きを読む」に)

続きを読む »

てろてありーな

こんな時間に更新なのは
BS-hiで『御宿かわせみ』を録画してDVDに焼いたのはいいけど
パソコンが読み取ってくれなくって(CPRMパッチを買わないと
駄目なんだと)、やさぐれてグラデーションネイルを作成したのは
いいけどなかなか乾いてくれないし、思った以上に派手になって
しまった。
で、乾かしつつ、何故この色を塗ったのか後悔しつつ更新です。

香取慎吾ってすごいよな
『SMAP×SMAP』を見てまして。
マツケンサンバの歌詞を書くという問題に対し、中居が書いたのが

「テロテアリーナ」

それだったらそんなに面白くないのですが、慎吾が何度もこれに
対しツッコミをいれて、挙句の果てには具体化してしまいました。
凄いわ、黒いトカゲ状の物体だけど確かに「てろてありーな」だわ。
こういう才能は凄いと思います。
これで今日の9回の山崎さんのポップも、さっさと罰ゲームの
対象者を言えばいいのに自虐的演出で見ているこっちがブラックな
面白さから不快に感じるときもあった「落とし込み」とか
『NEWS23』で出て来た(多分あんたのほかにも何十人も
おるでよ)
な「自称」勝利の女神が吹っ飛んでしまいました。

恐るべし、テロテアリーナ。

ずいぶん長い間書いてなかった。

書きたいことはあったものの
体調を崩していたのと、パソコンの調子が悪いのとで
とても長いこと書いていなかったようで、最近書いた日付を
見て驚いています(笑)

書いていない間、世間は変わる
何時の間にかナベツネは復帰しそうだし『新選組!』の続編
は決まったし
、ロッテにプレーオフ進出のマジックは付きそうだし
と色々あって。(ってもう付いたみたいですね)
岩隈も勝てなかったのがやっと復活の糸口を掴んだみたいで
何よりだし。

そして何時の間にかSMAPさんの「幸せの青い封筒」が届いたり、
日程見て一喜一憂したり、前もってチケットを取っておいたのを
無駄にしたくなくって『Shuffle』や『最悪な人生のための
ガイドブック』を見に行ったりとなにかと体調がすぐれないわりには
プライベートは忙しかったです。

でも体調崩して判ったんですが、個人年金より保険入らないと
あかんねぇ・・・。

そういえば
ドラマの感想、最近書いてませんがちゃんと見てます。
『エン/ジン』は脱落しましたが(あ、でも今日は見るかなー)
『恋におちたら』とあと『瑠璃の島』を見るようになりました。
同じ「ベタ路線」なら目の保養になるのがよろし。
『タ/イガー&ド/ラゴン』は見たり見なかったり。

先々週は『空中ブランコ』のほうを見ていたもので。
最初阿部寛の伊良部先生に不安があったのですが、ヘンタイっぷりが
もう素敵で(笑)。
そういやこの人舞台とか映画で一時「キモ路線」行っていたよなー
と思いつつ不安なく見ることが出来ました。
遠藤憲一の「先端恐怖症のヤクザ」もおかしかったなぁ。
松尾スズキが伊良部先生を演じている『イン・ザ・プール』が
楽しみです。

『恋におちたら』、ここのところ面白いです。
つうか最近前半グダグダ、後半畳み掛けって流行ですか?(笑)
主人公が企業乗っ取りの「魅力」に取り付かれて人相まで変わって
なんだかダースベーダー状態になってるし。
かと思ったらコメディぽく描いている「下町側」は暴走しちゃって
この間など龍太がまりこの不倫相手を鰹でぶん殴っていたから。
鰹、今捕れないのに(笑)
「つい鰹がでて」ってやっぱあほの子はかわいいわ。


『エンジン』第二話

今日は箇条書きで
・とりあえず小雪のような人がいたら、自分は逃げる。
 暑苦しくて重いんだ、その意気込み。
・どっちかといえば堺雅人のスタンスで接してくれるとありがたい
 そこに愛はあるのか?ッて感じだが。
・次郎より子供のほうがやっぱり「大人」だ。
・今日は「美冴の回」なのね
・過去は結構ヘビーだった。よく取り立て屋が来ないもんだ。
・堺・・・いや鳥居センセ怪しい(笑)
・今日も高島礼子は綺麗。
・木村さんは・・・今日は「木村拓哉」でした演技。
『言葉の無い部屋』とか『おとうと』とか昔は上手かったのに



・『タイガー&ドラゴン』しかり『エンジン』もありえない世界
だけど、無理がまだ判らないのは勢いがあるから。
『恋におちたら』はなんかまだその「勢い」が無い様に思える。
演出の問題なんだろうなぁ、あと脚本と。
そんなことを放送中に思ってしまった。

『タイガー&ドラゴン』第二回

やっと見れたよー
お正月のスペシャルは見ていなかったのですが、宮藤官九郎の
脚本は好きなので実は楽しみにしていました。
が、うっかり先週は見逃してしまい、また夜中の再放送が
あるかなとタカをくくっていたのですが、それがいつのまにか
無くなっていて(笑)今回が初見です。

これ面白い・・・!!
たぶん物凄い好き嫌いはあるとは思いますが私は好きです。
正直主役が長瀬や岡田じゃなくても見てる自信はあります。
よく言われる言葉で「クドカンワールド炸裂」という言葉が
この人のドラマの感想に使われますが本当にその言葉しか
思いつかなかったです。

落語家の借金を取り立てる予定が取り立てつつその弟子になった
ヤクザと落語家の息子を中心にしたお話(・・・合ってますよね)
で毎回古典落語を一つ取り上げて物語が作り上げられていきます。
その古典落語は本当にベーシックなものなんですが、映像で
表現するのでひそかに「初心者落語入門」としても使えます。

また、話を一つ習得した長瀬演じるヤクザが最後にその古典を
アレンジした話をするのですが、またこれが上手いこと現代の
世界にアレンジされています。

落語の世界ということで、落語の節の付け方とか間合いとか難しく、
役者さんで大丈夫か?と不安に思ったのですが映像とミックスする事
でそういった粗が隠れて上手に作っているなと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。