スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ローレライ』

『ローレライ』公式サイト
http://www.507.jp/
wx5BWx3I.jpg


結構語るのが難しい
映画です。
カテゴリーに分けると「戦争物」ではなく「SF」とか
「特撮」に分けた方がしっくりくる映画です。
ディテールにこだわってはいるのですが、色々国内外の
「戦争物」を見てきた人にとっては少し「甘い」ようで。
どっちかと言えば「特撮」ではないかと思います。
・・・と思ったら監督が平成「ガメラ」シリーズの監督さん
だったんですね、納得。

ストーリーは公式を参照して頂いて
「人間ドラマ」として描かれているので「戦争」に抵抗が
ある方でも見ることが出来るのでないかと思います。
第二次世界大戦末期に特殊任務を命ぜられた「伊507」
の物語なのですが、様々な角度から「戦争」というもの、
またそれに翻弄される人々を描いていて、すこし風呂敷を
広げすぎた感はありますが、上手に作られた映画では
ないでしょうか。


ここまで進歩したんですねぇ
この映画はCGを多用しているのですが、日本のCGも進歩
したもんですねと関心しました。
日本映画で「潜水艦モノ」はいくら海上自衛隊が協力しても絶対無理だと
思っていたので、たとえ「CG多用」と批判を受けていても私はこの映画は評価したいと思います。
だって何年か前までは海中を航行する潜水艦の描写なんてなかったし、海上の描写も
「巨大プールに浮かべました!」と一目で判るものでした。
多少嘘臭くても海中の描写が出来たのは素晴らしいと私は思います。

どうして問題ではないと言うと
私の場合、それよりもこの作品を見てどうも今までの「潜水艦映画」
で見たような描写が出てくるのが気になります。
試写会で見た日「シューベルトの子守唄(ローレライの主題歌)」
と「レッドオクトーバーを追え!」のメインテーマが脳内で
流れていたのがそのせいで。
あと「U-571」かな?と思わせる部分とかもあったと思います。
個人差の問題でもあるのでしょうか、そういった描写を見て
オマージュと捉えて「ニヤリ」と思えるか「パクリだ!」と
思えるかでこの映画の面白さは変わってくるのかもしれません。

あと私はあまりにも福井晴敏の小説を色々読んでしまったので
先の展開が読めてしまったこと。
それが一番の問題だったのではないかと思います。
『終戦のローレライ』はまだ未読だったのですが、どうも
映画と原作は内容が違う様に思われる(初めに「映画化」ありきの
企画なので、どうも原作が映画の「サイドストーリー」っぽいです)
ので原作読まずに映画を見ることをオススメします

蛇足ですが・・・

最後まで見たほうがいいのかも
タイトルロールを見てると結構「この人出ていたのか!?」
と思うような名前が出てきます。
自分が舞台が好きだからかもしれませんが「大和田通信所」で
何名か出てきますし、「伊507」艦内にもちょろちょろと
見たことのある顔が見れますし、そういえば「大和田通信所」でのシーンに
「富野由悠季」の名前があったんですけど、出ていたの!?
と最後にびっくりさせられます。
いや、原作者つながりなんだろうなとは思いますが・・・意外だったので。
どこに出ていたんだろう・・・。
あと浅倉大佐(堤真一)の部下でやたらと綺麗な兵士が出てくる
のですが忍成修吾だったんだーと(笑)個人的にびっくりしました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。