スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タイガー&ドラゴン』第二回

やっと見れたよー
お正月のスペシャルは見ていなかったのですが、宮藤官九郎の
脚本は好きなので実は楽しみにしていました。
が、うっかり先週は見逃してしまい、また夜中の再放送が
あるかなとタカをくくっていたのですが、それがいつのまにか
無くなっていて(笑)今回が初見です。

これ面白い・・・!!
たぶん物凄い好き嫌いはあるとは思いますが私は好きです。
正直主役が長瀬や岡田じゃなくても見てる自信はあります。
よく言われる言葉で「クドカンワールド炸裂」という言葉が
この人のドラマの感想に使われますが本当にその言葉しか
思いつかなかったです。

落語家の借金を取り立てる予定が取り立てつつその弟子になった
ヤクザと落語家の息子を中心にしたお話(・・・合ってますよね)
で毎回古典落語を一つ取り上げて物語が作り上げられていきます。
その古典落語は本当にベーシックなものなんですが、映像で
表現するのでひそかに「初心者落語入門」としても使えます。

また、話を一つ習得した長瀬演じるヤクザが最後にその古典を
アレンジした話をするのですが、またこれが上手いこと現代の
世界にアレンジされています。

落語の世界ということで、落語の節の付け方とか間合いとか難しく、
役者さんで大丈夫か?と不安に思ったのですが映像とミックスする事
でそういった粗が隠れて上手に作っているなと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「タイガー&ドラゴン」(Tiger

最近あまりTVのドラマを見てなかったのだが、2005年4月22日にTBSで放送された「タイガー&ドラゴン」の第2話を、つ

【ドラマ雑感】 タイガー&ドラゴン (第2回/全11回) 「饅頭怖い」

 「俺の、俺の、俺の話を聞けぇーーーーーーーーー!」宮藤官九郎脚本の第2話。今回の『饅頭怖い』は少し聞いたら思い出した。今回は元ネタもよく知っているので、楽しめたなぁ。『an・an』の抱かれたくない男に"林屋亭どん太(阿部サダヲ)" 「出川抜いたよ~」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。