スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて恐れず書いてみる

多分自分の中の「ツボ」と「地雷」の話なので
傍からみたら何がなんだかわからない話なんですが、
どうしても自分の中を整理したいが為に書いてみます。

今、前のBlogの記事を移行中なので、よくわからない部分がある
かもしれませんが、私はSMAPも好きで、『新選組!』も好きで、
そこから元々「この人が出ていたら見たい芝居でも絶対に見に
行かないぞBest5」内に入っていた山本耕史にすっかり嵌って
しまい。
今に至る訳なのですが、最近検索して色々な方のBlogを
見ると何か心の中に引っかかる所が出てきたんですね。
で、ある日いつも日参していた『Modern Means』
さんである記事を読み、共感し、思わずコメントを残してきたのです。
この状態をどう見るかはわからないのですが
自分の中での「ものさし」は誰もが持っていると思います。
私も持っていますし、こうやって色々な方のBlogなど読んでいる
と世の中には色んな「ものさし」があるのだなと思い、共感したり
反省したりなど多々あります。

ただ最近どうも「ものさし」を表現したいのかどうかわかりませんが
理不尽な比較をされる事が多いなと感じる事があるのです。
大河に出ていた役者とSMAPのメンバーがドラマ等で絡みました。
ただ単に比較で書いてくれれば良いのですが、どうして第三者を
絡めて片方を貶めて書く必要があるのかわからないのです。
でもこれは私の読解力がないからかもしれませんが。

今回『エンジン』には木村拓哉と堺雅人が、『恋におちたら』には
草なぎ剛と山本耕史と谷原章介が出てます。
その番宣番組である『笑っていいとも春の祭典』には彼らとあと
司会で中居正広が出ていました。

「中居うざい」とか「木村はなにやっても木村」とか「草なぎ
のいい人路線は飽きた」とかの批判はいいんです、や、よくない
けどまだ耐えられる部分はあるのですが。
(正直春祭の中居の島男いじりはうざかったので、長年見ていますが)
だけど「春祭に中居でなく香取慎吾が司会で出ればいいのに、
耕史くんと仲良いし」とか「草なぎくんでなく慎吾ちゃんが主役
だったら良かったのに」とか読んだりすると正直「ハァ?」と
思ったりします、というより何故慎吾?

大河ドラマでの香取慎吾と山本耕史の話は様々なメディアで本人
たちが話しているので、そういった話がでるのは仕方のない事だし
多分周りのサポートがないと一年間香取慎吾が闘えなかっただろうな
と思うので感謝もしています、私が言うのも変な話ですが。

でも『大河』は『大河』、『ドラマ』は『ドラマ』じゃ?
あまりにも大河の人物フィルターがかかっていらっしゃる方が
多いなぁと思いつつ、去年の大河の影響が凄かったんだなと思う
今日この頃です。

個人的には自分が見て「鳥居先生」に「山南敬助」の影は無いし
「神谷」に「伊東甲子太郎」はいないし「安藤龍太」に「土方歳三」
もましては「原田佐之助」も見えないのでよかったなぁと思っています。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。