スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『義経』まだまだ見ています

やや中だるみしつつも
大河ドラマ『義経』まだまだ見ています。
とりあえず今まで挫折した最速記録『武蔵』の3話は越えたので
大丈夫でしょう。
(『元禄繚乱』は2話目でいったん視聴をやめたのですが、20話ぐらいかな?からまた見始めたので最短ではないと自分の中で思っています。)

でもやっぱり無理は出てくる
演技に安定感のある役者を出すと実年齢と役柄の年齢とに
ギャップが出てくるのは当たり前で。
頼朝が中井貴一氏だったのですがやっぱり肌とか皺とかが気になりますね。
子役が出ていた時で捕まっていたので元服後まぁ15歳ぐらい?
と仮定して伊豆に流されそっから10年経過・・・。
きびしい。
遮那王(のちの義経)の滝沢秀明も今の時期だとちょっと
苦しいけどまだ実年齢に近いからまだ見れるんですけどね。
うつぼとか静とか遮那王の周りが結構若い分伊豆組は
厳しいなぁと個人的に思います。
かといっていないんですよね、その年齢ぐらいの鬘に耐えうる
役者さん。また平家側に結構その年代を使うのでいなくなって
しまうのかもしれません。
それか去年使い切ったとか?

5話6話で思った事
・とりあえずNHKはCGとワイヤーアクションは使ったら
駄目。ワイヤーアクションなんて『武蔵坊弁慶』から
なんも進化していないんじゃ。
・静御前は謡っちゃ駄目かも・・・。
・うつぼの「遊女小屋に売られた」に「ええっ!」と言ったのは
私だけではないはず。だってその割にいろけな・・・げふげふ
・遮那王はキレイだが女顔じゃない、目を覚ますんだ弁慶!!
・政子と一緒になれば天下は取れそうだが亀の前と一緒
に暮らしているほうが頼朝は幸せそうだ、なんとなく。
・奥州に行くとなれば五足とはしばらくお別れか、残念。
・「奥州への道のり」を見たときゴダイゴの「モンキーマジック」が
脳内で流れてしまった私はダメ人間。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。